家の前の畑

 家の前の畑(およそ1800㎡)では、自然農に近い方法(無施肥あるいは有機肥施肥、全期間無農薬の徹底)で左図の作物を育てています。

 こちらは、自家消費及び宿泊者の食材や、今後実施するおすそ分け用となります。

 マス目はそれぞれ1mで、南北(左図の縦)方向に畝間50㎝、幅1mの畝を立てています。長さが30m近くになる畝もあったので、途中で区切って53本に区画分けしています。

 2017年まで水田として使われていたので、土は粘土質、PH4.5-6.5程度でした。2018年夏も栽培しましたが、水はけが悪く、サツマイモ、ラッカセイ、エゴマを除いて、ほとんどの作物が湿害を受けあまり生育しませんでした。そこで同年11月中旬に、高畝(40㎝程)を立てるとともに、土に牛糞堆肥(3ℓ/㎡)、腐葉土(3ℓ/㎡)、もみ殻燻炭(5ℓ/㎡)、鶏糞(700g/㎡)、結城石灰(100g/㎡)、草木灰(50g/㎡)をすきこんでいます。

 また、取水口付近に貯水池を設置し、レンコン・クワイの栽培を行っています。また、周囲に果樹エリア、育苗用ハウス(3.6mX10m)、ビニールハウスを利用した鶏舎(3.6mX8m)、畑の残渣、落ち葉、生ごみ等を熟成させ畑に返すための堆肥置きを設置しています。

 野菜各々の栽培概要・記録については以下のリンクからご覧ください。

 エゴマ、サトウキビ、サトウモロコシ、タマネギ、ライムギ、ラッカセイ、ハーブ

 サトイモ・ショウガ、イチゴ・ニンニクジャガイモ・ネギニンジン・ゴボウ、アスパラガス、

 トウモロコシ・カボチャ・エンドウ、キュウリ・インゲン・エンドウ・ソラマメ山菜

 サツマイモ・ゴマ・オクラ、コンニャク芋、ラッキョウ、ナス科実菜・豆類、アブラナ科葉菜・根菜

 クワイ、レンコン