2019年4月

2019年4月 · 2019/04/22
冬の寒い間、お客様にご用意する食事は鍋が多かったのだけど、少し春めいて来たので一汁三菜を基本に考えている。その分メニューを考えるのが大変だけど、喜んでくださるお客様の笑顔がうれしい。この前のお客様には呉汁、鯛のサラダ、たけのこご飯、タラの芽のてんぷら等々と、冬と春の走りの両方を料理で表現してみた。いや、このあたりで取れる旬の食材を使ったら、自然とそうなるのだけど。 そんな食事を取っているにも関わらず、季節は急に夏に向かって走っているようだ。この室原の集落でも日中は25度近くなり、草、虫、蛙がいきなり元気に姿を見せ始めた。ボーっと引きずっていた冬の感覚を脱ぎ捨てて、毎日土にまみれています。そんな中での来客。ツバメ二羽。この家に移り住んできたときには、ツバメの巣の痕跡が多数残されていたにも関わらず、去年は誰も営巣しなかったのだけど、今年はこのご夫婦が新居を軒先に作り始めた。ツバメは人の気配が好きとのことなので、この家にもわれわれの気が満ちてきたということだろう。しかし巣ができるまでの間、彼らはどこで寝泊りしているのかなぁ、、、、?